--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
03.08

動物への愛と責任

Category:
DVC00018.jpg


うちの息子は今年で中2になる。

愛犬が家族になったのが6年前。息子が7歳の時だ。

息子は小さくてコロコロしていた生物が、突然うちの家族になったことをどう思ったのか分らないが動物と共に生活していくうちに生物の命の尊さを学んだ様だった。

息子が小学4年の頃、学校帰りに数人の友達と通学路沿いに在る小川でザリガニを捕って遊んだらしいのだが友人達は捕らえたザリガニを道に放り投げる遊びを始めたらしく強く投げられたザリガニは御臨終してしまう。
それを見た息子は「やめろよー!」と本気で怒ったらしい。

(その話しを聞いた時、とても嬉しかった)

テレビで動物虐待のニュースを観ると、酷い飼い主に対して鼻息フガフガさせなががら悪態をついているし、動物と人間の感動物語が放送されそうになると「俺、こういうのダメだ・・・・」(感動して泣いてしまうから)
と言って2階へ行ってしまう。

ある日、電柱の下で弱って飛べずにバタバタしているコウモリを保護してきた事があった。
うちの庭のカゴの中で様子を見ていてが翌日御臨終してしまった。
息子は庭の片隅に埋めて最後に1本枯れ枝を立てていた。

そんな息子の様子を見てきて「この子は、ちゃんと命の重さを学んだかも?」
と、親バカなもので感じたのですが、将来、息子が独立した際に動物を家族として迎えた時は、絶対に無責任な飼い主にはなることなく、動物が老いて最期を迎えるその時まで家族であって欲しいと思っております。


                              


・病気になって治療費がかかるから。
・引越し先で動物は飼えないから。
・老犬になって手がかかるから。
・懐かなくて、よく咬むから。

人間の勝手な都合で捨てられていく不幸な動物が沢山居る。

捨てられた子達は、迷い犬になって衰弱しボロボロになっていく。
車に轢かれる子も居るだろう。
保健所行きで殺処分の子も多々居るだろう。

動物は哀しくても涙が出ないし喋れないから、すがる事も出来ない。

でも、動物には感情がある。

犬の場合、嬉しい時と哀しい時の表情は全然違う。

捨てられる時。餌も無くさまよっている時。殺処分に遭う時。

きっと心の中では怖くて淋しくて泣いているはず。



1度は信頼していた人間という生物の手に寄って闇に葬られる。

人間はそんなに偉い生物なのか?




私がブログを始める前からお邪魔しているサイトがあります。

このブログで御紹介ブログとしてリンクしたいんですが私が未だ設定出来なくて・・・・(泣)

「ボクたちは家族。ヘムちな毎日」というタイトルのブログでブロガーさんは、あこちさんです。


ご自身はシーズーの迷い犬(ヘムち)を家族として迎えられた方です。

ヘムちゃんは先月残念ながら、旅立たれてしまったのですが、あこちさんが詳細な介護記録をブログにUPなさってますので、もし現在、愛犬が闘病中だったり老化が進んで介護中の方等とても参考になると思いますので御訪問してみて下さいね。


今、愛犬が若くても月日と共に歳をとります。

ウチの子は今年シニアの仲間入りなので、お勉強させて頂いてます。


   いつもはアホな私ですが今日は真面目に語らせて頂きました。

   読んでくださってありがとうございました 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
押せたら押して下さいね!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rinmimi104.blog79.fc2.com/tb.php/27-69d424d5
トラックバック
コメント
リンちゃ~ん、おはようございますゥゥ~ワンッ

めぐママがうちに遊びに来てくれました。
うちのママ、「ウレピーィーーe-343」だって。

昨晩もうちのママ、めぐママの記事ず~と読んでいて
コメントしようとしてたけど、
もう可笑しくて可笑しくて、ひたすら大爆笑で
コメントの書きようがなかったんだって~

そして中2になるリンちゃんのお兄ちゃん、いいね~
ホント、いいよね~~~
生きものに対する、いのちに対するきちんとした
思いやりをもっていて・・・アタシもいぬとして超うれしい。

ところでさぁ、リンちゃん教えて。
そういうリンちゃんのやさしいお兄ちゃん、
パパとママのどっちに似たの?


ナマコさんもいいなぁ~だって。
貸し出してもらいたいくらいだって。

もううちのママ、勝手言ってる。
図書館の本じゃないよ ってうちのママに言っておきましたぁ~~


今日も一日、飼い主のお相手、がんばりましょうね。
愛情、いっぱいあげなくちゃぁ~~
Julia Kerrydot 2011.03.09 09:46 | 編集
> マーシャママさんv-22

文才の無い私の文章を読んでくださって恐縮です
ありがたや~~

> パパとママのどっちに似たの?

ハーフ顔なとこと足の長いとこは私似で
シャイで、ややビビリなとこは旦那似です

> ナマコさんもいいなぁ~だって。
貸し出してもらいたいくらいだって。

貸し出しOKですよ~
フットワークの軽いマッシュルームカットのオッサンなので
きっと、どこでも行きます~v-221
めぐdot 2011.03.09 10:33 | 編集
うちの子は元気ですが、いつかは老犬となり動けなくなり介護が必要なときが来ると思うと悲しいです
けど、そんなこと考えてたら犬は飼えないし。。。
うちの近所の犬は20年生きてたそうです。。。
そのうちの部屋にはそこらじゅうにシートがひかれていましたが。。。
最初から捨てようなんて思って飼う人はいないのでしょうが悲しい現実があるようで。。。
犬を飼うには相当な覚悟が要ることを今一度知ってもらいたいものです。
引越しdot 2011.03.09 14:47 | 編集
> 引越しさんv-22

コメントありがとうございます~

愛犬の老いていく姿を見るのは哀しいですよね・・・
いつかはお別れが来る事も分ってはいるのですが
私は、その事は、なるべく考えない様にしています

20年も生きたワンちゃん凄いですね!
後半は飼い主さんが介護で大変だったと思いますが
20年も長生きしたんですから飼い主さんが素晴らしい方
なんでしょうね~

引越しさんのワンちゃんもコーギーなのかな・・・


> 犬を飼うには相当な覚悟が要ることを今一度知ってもらいたいものです。

この言葉に尽きます!その通り!
お互いに愛犬とは最期まで家族を貫きましょうね!e-241
めぐdot 2011.03.09 20:26 | 編集
リュラを迎える前我が家にはハスキーが居ましたが
10歳で旅立ちましたリュラ姉が幼稚園の頃だったと思いますその後暫くは犬は飼わないと思っていましたがリュラ姉が4年生の時に犬が飼いたいと云い出しお散歩可能な大きさを考えてコーギーを選びました、我が家のリュラもこの春で7歳ですワンコの命は短いですがその分沢山の愛情を持って接していきたいと思います!
お兄ちゃん優しい人に育ってますね~今年は受験ですか?
リュラ姉はこの春から高校生になります!
リュラパパdot 2011.03.09 21:22 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2011.03.09 21:31 | 編集
> リュラpapaさんv-22

ハスキーちゃんとの哀しいお別れを乗り越えていらしたんですね・・・
10年の生涯でもリュラpapaさんの家族であったワンちゃんですから
さぞ幸せな10年間だったんだろうなぁって思います。

ご縁があったリュラちゃんも幸せです。

> お兄ちゃん優しい人に育ってますね~今年は受験ですか?

息子は来年が受験になります。不安~~。

> リュラ姉はこの春から高校生になります!

リュラ姉さんは、これからが益々女らしさに磨きがかかるお年頃なので
papaさん心配ですね~見張らないと!(笑)
めぐdot 2011.03.10 17:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。