--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
03.31

想い出の中の家族

Category:


注)我が家に幼児はおりません。私がお絵かきにトライしたらこの有り様・・・・

あれれ~~ とても書きずらい・・・でも、楽しい こんなもんか・・・?
数分で仕上げました。

この先、私のお絵かき上達に好ご期待!


私のブログには猫ちゃんを家族として迎えていらっしゃる方も遊びに来てくださいますので
私の猫との想い出をお伝えします。

私が未だ結婚前の19か20歳のうら若き乙女の頃、今の旦那のお母さん(現在は姑)から
「〇〇ちゃんちで飼えない?」って託されたのがまるです。

旦那殿のお母さんは小学生が拾った捨て猫を預かり、飼い手を探していたわけです。

当時のうちの親の考えは動物は死ぬ時に辛いからダメ!
でも、私は強引に飼っちゃいました。

DVC00144.jpg

トラ猫の男の子でとにかくやんちゃ。子猫ではなく青年猫な感じにまで育っていた子です。

当時の私は若者ですから外出ばかりして遊んでいました。
殆ど家に居ない私よりゴハン・トイレのお世話をしてくれる母に懐いていったのは言うまでもなく、あんなに飼育に反対していた母は毎晩まると添い寝していました。

そんなまるとの生活が2年位続いたある日、妹と近くの店へ買い物へ出た帰り道にくろちゃんと出逢いました。

くろちゃん(黒猫)は見るからにガリガリで体は汚れ、ボロボロにすすけた首輪をしていました。
買い物してきた食材を与えてみると少しだけ食べました。

「じぁあね!」と言って歩みはじめて振り返ると一定の距離を保ってくろちゃんはついてくる・・・
結局、うちまでついてきちゃったんでうちの子として迎える事にしました。

まず、病院へ・・・・深刻な状態でした。
ドクターから老猫の上、感染病を持ってるから命は永く無いと・・・・

既に我が家に居る猫に感染しない様に私の部屋で飼うこととなりました。

くろちゃんは鼻から常に膿が出ていたし排泄も決まった所にしてくれなくて私の部屋は大変な事になりましたが、くろちゃんの人懐こさでチャラに出来ました。

くろちゃんって呼ぶと膝に来て丸まって寝るのです!今思うと犬みたいな子でした。


そんな沢山の癒しをくれたくろちゃんですが、うちの子になってからわずか1ヶ月であの世へ旅立ってしまいました。

亡くなる日の夜、殆ど食事を摂れなくなっていたので左右に体を揺らし、ふらつきながらですが私の膝に歩いてきて甘えていました。
何となくいつもよりくろちゃんの体温が低い気がして自分のベットに入れて温めながら眠りについたのですが、夜中に異常な鳴き声で目覚めました。

横向きの体勢のくろちゃんが白目を剥いて手足をバタつかせ今まで聞いた事のない大きな声で鳴いている。
凄く苦しそうで私は混乱し、体をさすりながら名前を呼んであげる事しか出来ませんでした。

今、こうして記していると思い出して涙が出てきていますが。

数十秒後だったのか?はっきり記憶にないのですが薄い血液の様な色の液体を口から吐き出してくろちゃんは逝ってしまったのです。
DVC00143.jpg

生物の死を看取ったのはくろちゃんが初めてで・・・・
最期に、こんなに苦しませてしまった・・・
ショックでした・・・・

まだ乙女だった私はくろちゃんとは短い付き合いでしたが、その哀しみは永く続いてしまいました

時は流れ・・・その数年後、まるはいつもの単独行動散歩後に行方不明となってしまったんです。
毎日毎日家族で探しましたが見つけてあげる事は出来ませんでした。
でも、まるの場合はどこかで生きてる・・・・そう信じる事で哀しみを乗り越えました。



今でも猫は大好きです。
出先で見かけると話しかける怪しいオバサンです!
リンも遊びたいのか?近寄っていくんですよ。(犬より興味を示します)
でも、いつも「シャーーーーーー!!」ってされて後ずさりして撃沈

リンちゃん、お疲れ~~


読んでくださってありがとうございます。
よろしかったら押して下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rinmimi104.blog79.fc2.com/tb.php/56-e5f8f17d
トラックバック
コメント
動物を飼っていると 必ずやってくるお別れ。
くろちゃんは めぐさんに拾われて
短い間だったけど、幸せだったと思うよ。

私はまだ 立ち会ったことはないけれど
元気にやんちゃしている猫たちを見ると
「あ~、いつかはお別れがくるんだな~」と
旦那と話したりなんかしています。

短い命かも知れませんが(人間に比べたら)
最後まで責任と愛情を持って
一緒に暮らして行きたい!と思ってます。

りんちゃん、ウチのにゃんずと
会ってみるか~~(笑)
猫パンチ、飛ぶぞぉ~~
はちゅんねこdot 2011.03.31 23:09 | 編集

> はちゅんねこママさん、こんばんはv-254

あたたかいお言葉ありがとうございますv-22
くろちゃんは、とても穏やかで懐っこいお婆ちゃん猫だったので
短期間の中で私は沢山の癒しを頂き、これからも心に残る家族です。

ママさんとこの猫ちゃん達は病気に気をつけて下さいね!

> 「あ~、いつかはお別れがくるんだな~」と
> 旦那と話したりなんかしています。

そうなんですよね・・・お別れの覚悟はあるんですけどね~
考えるだけで辛くなる~

> りんちゃん、ウチのにゃんずと
> 会ってみるか~~(笑)
> 猫パンチ、飛ぶぞぉ~~

やめておくゾォ~~。
めぐdot 2011.03.31 23:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。