--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
04.18

ぶら下がるダニ

Category:
暖かくなって春めいてくると花々は目を覚まし風景は華やかに変化を遂げますが、
それに伴い悩まされるのが害虫ですよね・・・・

生物は、なるべく殺傷したくないのですが蚊・ゴキ・ダニになると・・・無理です。
つい先日、中2の息子が、お散歩から戻ったリンの顔に小さなダニを発見!

お散歩中に草むらに入った時などに、たかってくる様に思います。

DVC00175.jpg

(若いって素晴らしい!!ダニを発見出来る。)

私は老眼鏡使用世代に入りまして、PC操作時は欠かせません。

なので、ダニなんて小さな生物を発見出来るわけもなく、早々にフロントライン(蚤、ダニ除去薬)を使用しました。
(リンには市販の薬では効果が無かったので以前、ネットで購入したものを使用)

。。。。。。。。。。  。。。。。。。。。。  。。。。。。。。。。


昨年の秋のお話しになりますが、ある朝リンの唇(黒い粘膜の部)
一部が腫れて1cm程下へぶら下がった状態になっていました。

触ると黒くて硬い(なんじゃ?コレ??)
何か怖い病気の腫瘍かもしれない(どうしょう?いや良性かも?)
病院へ行かなきゃー(今日はやってる日か?))

かなりの治療費がかかるかもしれない・・・(何万円もかかるかな?)
銀行へ行ってからにするか?(混雑してないと良いなー)


でも、今日はもうすぐトリミングの予約時間。(40分で終わる!)
ドタキャンしたらトリマーさんにとっては損害になる!(それは、まずい!)

(人間というのは一瞬の内に色々と考えますよね~)

とりあえずトリミング済ませた後に銀行・その足で病院へ直行しよう!と考えました。




(画像が無いのでイラストにて御説明)



まず、トリミングへ行きました。。。。。

トリマーさんに、唇の事をお話ししながらリンの顔を見せると・・・・

あっさり「コレ、ダニですよー」

「え~~~~~~~!???」
2匹のワンちゃんと暮らしているトリマーさん。
犬に関しての知識抜群!

ダニがリンの血液を吸い取り、御腹一杯状態でぶら下がっていたんです。(おー、怖っ)
(黒色に見えたのは時間の経過で血液色が黒く変化したため)


いつもお世話になってるトリマーさん、腕が良いのに良心的なお値段でカットしてくれるんですよ。

だから、私はいつも感謝の気持ちで缶ジュースの差し入れは欠かしません。(お茶してね~って

そんな巨大化したダニを発見した時期は被害が人間にも及び、家族も数箇所刺される事となりました。
私7箇所くらい刺されました。
ダニ刺されって、かゆみが数ヶ月も続くんです。(かい~の。かい~の)
刺され痕は、なかなか消えずブドウ色のまま。
薬を塗っても、効果薄だったので当時リビングに敷いていた絨毯を処分し現在のラグに変更。

刺され痕ですが、現在もうっすらと残っています。(シミ・くすみの様な色素沈着)

皆さんは、もし、愛犬にダニを発見しましたら早々に対処なさって下さいね!

ダニの卵が散らない内に対処しないと大変な事になりますので・・・・

。。。。。。。。。。  。。。。。。。。。。  。。。。。。。。。。


我が家の玄関内です。

棚のフックに掛かっているのが蚊取り線香立てです
(撮影の為に掛けてみました)

DVC00176.jpg


この中に渦巻き型のお線香を縦型にセット出来る様に金具が付いています。
(わっ!画像だとトッテ部が判らないですね。ごめんなさい)

トッテが付いている為に、こうして吊った状態で使用出来ます。

小さなお子様がいらっしゃるお家では、こういう形が重宝だと思います。

関連の色々な商品が出ていると思いますが、我が家のはワンちゃんが付いた陶器製品なので御紹介させて頂きました。

読んでくだってありがとうございます

よろしかったら押して頂けると嬉しいですブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rinmimi104.blog79.fc2.com/tb.php/68-f84ea16a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。